2016年3月5日土曜日

英語と日本語の発想の違いについて

日本人がなぜ英語が苦手にかと言うと、いろいろありますが、まず、物事に対する発想が違うと言う事でしょう。
これは、英語が世界を「モノ」的に捉え、日本語は「コト」的に捉えるところにあります。
この発想の違いがわかると、英語が見えてきます。
そこで、この違いを例を上げて説明致します。

例、
  
  [日本語]

  あなたは朝食を食べましたか?     はい。  (食べた)
                                   いいえ。(食べていなかった)

  あなたは朝食を食べませんでしたか? はい。  (食べていなかった)
                                   いいえ。(食べた)
  [英語]

  Did you have breakfast ?    Yes.     (食べた)
                              No.      (食べていなかった)
  
  Didn't you have breakfast ? Yes.     (食べた)
                              No.      (食べていなかった)

上記の様に、否定疑問文の返事が英語と日本語では逆になります。
これは、日本語が”朝食を食べたコト”に対しての返事なのに、英語は、肯定・否定問わず”朝食がモノとして存在したかどうか”に対しての返事なのです。

つまり、コトであれば「ないコトもある」ですが、モノだと「ないモノはない」なのです。

この様に、英語は、すぺてコトとモノをモノとして扱い、アルかナイか、YesかNoかの世界なのです。
そして、モノとモノの関わりとして認識、把握していく視点や発想が英語の世界なのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿